工場の作業服には様々な機能が求められる

一言で「工場」といっても、製鉄や自動車などの重工業や電子部品、食品など、さまざまな製品が製造されています。それぞれの現場で、安全かつ効率的に動くため、現場によって作業服に求められる機能も異なります。この章では、業種別の作業服の違いを説明します。意外と奥の深い世界ですよ。

組立関係の現場の作業服の特徴

世の中には、一般企業に勤めるサラリーマンや工場勤務、パソコン一台でできる仕事など様々な働き方があります。中でも、工場の仕事はお菓子を作ったり部品を組み立てたりなど、ジャンルがさらに分かれます。一般…

Read more

電子部品など精密機器を扱う工場の作業服の特徴

職場で働く際、服装を規定している会社は多いと思います。サラリーマンの場合はスーツ、工場で働く場合は作業服という具合に会社によって正装は決まっていますよね。今回は工場で用いる作業服の特徴について紹介…

Read more

食品関係の工場の作業服の特徴

今食卓に上る食品の多くが、食品加工工場を経由しているかもしれません。冷凍食品や調理加工されたもの、コンビニなどで売られているお弁当やおにぎりなども食品加工工場で作られています。工場なのである程度の…

Read more

作業服にもお洒落をプラス

仕事で作業服を着る方も多いと思います。今は非常にお洒落で機能的な物があるのをご存知ですか?人とは違うお洒落をプラスしてみましょう。

工務店や工事現場の作業服

次に説明するのは、工務店や工事現場の人が着用する作業服についてです。これらの現場では、お客様の家で打ち合わせや作業をすることも多いので、工場の作業服と比較して、デザインが凝っているなどの特徴があります。また、重機を使うような大掛かりな工事現場では、視認性を高めるためオレンジなど派手な色の作業着を着ることもあります。この章では、工場とはまた違った、作業服の世界を解説します。

工務店員の作業服の特徴

室内作業の作業服の特徴

屋外作業の作業服の特徴

季節に応じた工夫がされているもの

工務店や工事現場の仕事は屋外作業が多くなります。基本的にエアコンなどがなく、屋根があればいい方なところでの仕事になります。その中でも力仕事や細かい仕事などを怪我なくこなしていかなくてはいけないので、そのための作業服が求められます。夏用であれば、吸汗性と速乾性の高い素材を使っているものが選ばれます。汗をどんどん吸って乾かしてくれるので、多少涼しく感じられるでしょう。その他紫外線対策を施した素材などもあります。冬は非常に寒いので、寒さに耐えられる作業服が求められます。裏起毛であったり、自分の体温で発熱するタイプの素材を使っているものが使われます。夏用は比較的薄手になりますが、冬用になると綿などが入った厚手のものが多くなります。

安全に作業できるよう配慮したもの

事務作業であればけがをするような仕事はあまりありません。でも工事現場や建設関係の仕事は怪我と隣り合わせの仕事も多いです。重たいものを持ったり、危険な道具を使いながらの作業もあり、怪我に気をつけながら仕事をする必要があります。屋外の工事現場などで求められる作業服としては、安全に作業できる工夫が良いかもしれません。刃物などを使うとき、ちょっと扱いを間違えて腕や足に刃の部分が行くときがあります。その時に切れにくいような素材が使われていれば、刃の部分で皮膚を切るのを防げます。風に関する工夫がされているものもあります。高いところでは風向きなどが作業に影響します。風の強さが分かる作業服なら、危険を察知しながら仕事ができます。