室内作業の作業服の特徴

室内用の作業服に求められるものとは

作業服は、安全に、そして汚れを気にせず作業をするためのものですが、職種によって求められる機能などが異なってきます。特に室内作業の場合は、作業服によって仕事の効率が変わることもあるため、仕事内容に合ったものかどうかを考慮して慎重に選ぶことが大切だと言えるでしょう。室内で使う作業服の特徴としては、動きやすさや着心地が重視されたつくりになっているということが一番に挙げられます。屋外の作業で使われるような厚手の生地だと動きにくくなってしまうため、室内作業のものは丈夫な薄手の生地が使われることが多いと言えるでしょう。そして腕や肩を動かしやすくするために立体カットが施されているものもよく選ばれています。また夏場用や冬場用など、季節ごとに選ぶことが出来ることも特徴だと言えるでしょう。

機能やデザインの特徴

室内用の作業服で求められる機能については、静電気防止や帯電防止の機能が付いたものがよく選ばれています。精密機械を扱う場合は特に静電気に気を付ける必要があるため、商品の品質維持のためにも、これらの機能は重要だと言えるでしょう。そして着心地に関わる機能としては、汗を素早く吸収し乾燥してくれる、吸水性や乾燥性といった機能や、汗の臭いを軽減する抗菌消臭加工の機能を持ったものがあります。次にデザインに関しては、ひっかかりを防ぐために突起物などを無くしたデザインになっているものが多いと言えるでしょう。そして上着は、現場での着脱がしやすいブルゾンタイプが選ばれることが多く、パンツはストレッチ性の高いものが多いというのが特徴です。

作業着とは仕事や作業中に着用する衣服です。動きやすいのは勿論、安全面や速乾性などの機能を考慮して作られることが多く、最近はデザイン性も重視されています。