工務店員の作業服の特徴

動きやすいストレッチ素材が使われる

工務店といえば、住宅の建設などに携わる仕事です。基礎を作って、その後に柱を立て、壁などを取付けていきます。重たいものを持って足場に注意しながら移動したりもしないといけないので、作業を邪魔する作業服などを着ていると周りに迷惑をかけてしまうかもしれません。工務店の作業員が着る作業服の特徴の一つとして、ストレッチ素材が使われている点があるでしょう。伸縮性がそれなりにあり、伸ばしても簡単には破れません。伸縮性がないものだと、作業服の伸び具合で体を動かせる範囲が狭まる可能性がありますが、それもありません。作業員のけがも少なくなりますし、現場での事故も少なくなります。体にフィットしやすいので、着心地も良く作業がしやすくなります。

冬でも作業がしやすいタイプ

夏の建築現場は非常に暑いです。人によっては上半身裸で仕事をしたいと考える人もいるかもしれません。もちろん危ないので何かは着た方がいいですが、薄着なら薄着程涼しく作業ができます。冬は逆に非常に寒いです。寒さに耐えながら仕事をしなければならず、そのためにはどんどん着込みます。しかしあまり着こみ過ぎると動きにくくなります。分厚いコートなどを着ると寒さは感じませんが、作業を軽快に行える服装ではないでしょう。工務店員が着る作業服としては、冬でも作業がしやすいタイプになるでしょう。あまりたくさん着ると動けなくなるので、少なくても暖かく感じる素材が使われます。起毛タイプや、自分の体温でより暖かくなるタイプなどがあります。

夏用、冬用、ブルゾンタイプやカーゴパンツ、つなぎなど、作業服の通販を利用すれば、店舗まで出掛けることなく色々なものを選ぶことができます。即日発送の対応もあるので、すぐ使いたい場合にも便利です。