食品関係の工場の作業服の特徴

異物混入を防ぐための工夫がされている

今食卓に上る食品の多くが、食品加工工場を経由しているかもしれません。冷凍食品や調理加工されたもの、コンビニなどで売られているお弁当やおにぎりなども食品加工工場で作られています。工場なのである程度の自動化されている部分もありますが、まだまだ人が作業する部分も多くなります。その時に問題になるのが異物混入です。食品工場用の作業服には、異物混入を防ぐための工夫がされています。ボタンやファスナーなど普通に服に用いられるアイテムがありますが、外れればそれが混入する可能性があります。できるだけそれらを使わない仕組みになっています。それ以外に故意の混入を防ぐためにポケットなどが付いていないものがあります。混入する可能性をできる限り排除できます。

寒い作業場で使う生地の厚いタイプ

一般的な工場は、どちらかといえば暑いところが多いです。ですから作業服で涼しくなってもらおうと、薄手の素材を使ったものなどが選ばれるときがあります。では食品工場ではどうかですが、扱っている食品によっては温度管理をしているところもあります。となると寒さを感じる作業員もいて、作業が効率的に進まなくなる可能性があります。寒い作業場での作業を効率化できるよう、生地の厚いタイプが用意されています。お弁当の食材などを盛り付ける工場では、1年を通して一定の温度が保たれるようになっています。夏場はあらかじめ厚手の服を着てくる人が少ないので、そのままだと寒く感じます。生地が分厚めになっていると、インナーが薄くても寒さを感じにくくなります。

作業着の通販では、機能性やデザイン性に優れた商品が豊富に揃っており、近隣に専門店が存在しない場合でも魅力的な作業着が手に入ります。